必見!名古屋の薬剤師求人ならコチラ!!

トップページ > 名古屋の薬剤師の求人について > 名古屋でならどんな働き方もできる薬剤師資格保持者

名古屋でならどんな働き方もできる薬剤師資格保持者

薬剤師の有資格者は、全体の7割が女性だといわれています。
昨今、若い世代の薬剤師が次々と誕生していますので、女性の場合は今後、結婚や出産といった、自身を取り巻く状況の変化が生まれる可能性が高いでしょう。
最近は、結婚しても仕事を続ける女性が圧倒的に多く、仕事を辞める決断は出産のためという人が圧倒的多数です。
薬剤師資格保持者に女性が多いことを考えると、いったん出産のために仕事をやめ、家庭に入ることになる人が、今後増えると考えられます。
職場に産前産後休暇があるなら、それを利用して早く職場復帰という人もいるかもしれませんが、子供を預かってくれる人がいなければ、子供がある程度大きくなるまで、仕事はお預けです。
ただ、現状の薬剤師不足を考えると、それほど復帰を焦らなくても仕事場は見つかりそうです。


名古屋のような大都市であれば、さまざまなところで薬剤師を募集していますので、子供を見てくれる人や、あるいは保育園に預けることができれば、どこにでも働く場所は見つけられるでしょう。
パートでも時給2000程度は堅いと言われる高時給の薬剤師ですから、配偶者控除が受けられる範囲内で働ける場所を探すことで、子育てと仕事が比較的楽に両立できると思われます。
自宅近くの調剤薬局で午前中だけ働くというスタイルであれば、日曜祝日は確実に休めますし、家から近いので通勤も時間がかかりません。
さらに、高時給ゆえ、毎日入ると103万円をオーバーしてしまうという場合もありますので、週のうち3~4日入る程度でも十分な稼ぎになります。
この時給金額の高さは、やはり国家資格ならではの強みといったところです。


名古屋なら、駅前はもちろんのこと、住宅街の中の通りに面したところにはドラッグストアがあるでしょう。
調剤業務ではなく、第一類医薬品の販売や、市販薬の説明を主な仕事とするドラッグストアに勤務することで、調剤業務の緊張から逃れられるというメリットがあります。
調剤を行わないドラッグストアであれば、それほど多くの薬剤師を雇用していないと考えられることから、薬剤師同士の人間関係の構築が、調剤薬局よりもうまくいく可能性が高いと言えるでしょう。
ドラッグストアは開店時間が長いことから、シフト勤務をすることになりますが、交代制で入ることによって、さらに薬剤師同士で衝突する危険性を回避できます。
ただし、主な業務は薬といえども接客応対になりますので、それが苦にならないことが一番の条件です。

次の記事へ