必見!名古屋の薬剤師求人ならコチラ!!

トップページ > 名古屋の薬剤師の求人について > 名古屋のような大都市には需要が多い薬剤師

名古屋のような大都市には需要が多い薬剤師

過去に薬剤師の数が極端に少なかったことがあったのを受け、早急に薬剤師を育てる必要があるとして門戸を広げたところ、将来の薬剤師のたまごがたくさん入学してきました。
近年、その人たちが卒業し、薬剤師として業務につく年齢がやってきたことを受けて、将来的には薬剤師を募集するところよりも、仕事場を探す薬剤師の方が多くなる、需給の逆転現象が起こるという見方もあります。
数年前から、ドラッグストアで第一類医薬品という、医療機関で処方されるのと同じ成分の医薬品が販売されるようになりました。
第一類医薬品の販売は薬剤師に限られ、服用に関する注意事項を購入者に伝えなくてはならないことから、ドラッグストアには絶対に薬剤師が必要になったのです。
医薬分業の定着から、調剤薬局で調剤業務をする薬剤師の人数もこれまでより多く必要になったこともあり、まだまだ受給転換は起きそうにありません。


名古屋のような大都市ともなると、大きな病院があり、そこでは医療チームの一員として必要とされますし、入院患者の服薬指導といった新しい仕事も増えています。
そのため、以前よりも病院で働く薬剤師は減ったものの、病院での需要がまったくなくなったわけではありません。
調剤薬局では、高齢化が進むにつれ、医療機関を受診する人が増加することから、薬の調剤依頼は引きも切らずといったところです。
大きな病院のそばには、何軒もの調剤薬局が立ち並んでいる光景が珍しくありません。
地域のかかりつけ医として開業している医院やクリニックでも、院外処方に切り替えたところが大半です。
そのため、開業医のそばにも最低でも一軒は調剤薬局があるでしょう。
駅前にはドラッグストアが複数あることが珍しくないため、ここにも需要が発生します。


調剤薬局の場合、薬局がオープンしている時間が決まっているので、労働時間が明確になりやすいというメリットがあります。
一方、病院であれば、薬剤師にも夜勤をしてもらうところもあるでしょう。
ドラッグストアは開店している時間が長いので、シフト制で勤務することになります。
どの働き方や、どこの職場が自分に合っているかは、実際に仕事をしてみないとわかりません。
ただ、今の名古屋の薬剤師需要は、圧倒的に売り手市場であることから、さまざまな職場で仕事をすることによって、キャリアアップができます。
まだまだ募集先が多い時に転職すれば、これまでの経験が買われ、年収もだんだんとアップしていく可能性があります。
何より、知識と技術向上という財産が得られることから、今のうちにバリバリ仕事をすることで、需給の転換期も乗り換えられるでしょう。

次の記事へ