必見!名古屋の薬剤師求人ならコチラ!!

トップページ > 名古屋の薬剤師の求人について > 名古屋の特色と薬剤師の求人に関して

名古屋の特色と薬剤師の求人に関して

資格を持っていることで、就職や転職を優位に進めることが出来ます。
中でも有効だと言われているのが、医療系の資格ではないでしょうか。
医師や看護師は引く手あまたの求人がありますし、退職をした後も再雇用のチャンスが広がっています。
そして、近年最もホットなのが薬剤師の世界ではないでしょうか。
薬のスペシャリストでもある薬剤師ですが、平均年収は650万円と言われています。
新卒の薬剤師が複数の内定を貰っているのは当たり前ですし、超売り手市場の職種と言えるのではないでしょうか。
薬学部で六年間学ぶことは大変ですが、無事に国家試験を突破した暁には、安定した未来が待っていると言えます。
女性の薬剤師も増えていますし、出産や子育てをした後も社会復帰がし易い職種と言えるのではないでしょうか。


薬剤師の就職先と言えば、かつては大学病院や総合病院が定番でした。
それを大きく変えたのが、医薬分業制度だと言われています。
病院や医院の近くには調剤薬局が併設されていて、調剤薬局では多くの薬剤師が働いています。
病院勤務に比べると残業が少ないですし、土日も休めるので人気が高まっています。
ミスの許されない仕事ではありますが、患者さんと会話をする中で、共に解決策を見出だせるやりがいの多い仕事です。
アルバイトやパートの求人も多いですし、平均的な時給も高くなっているようです。
60歳以上の薬剤師も多く働いていますし、ベテランの知識と経験が求められる仕事と言えるのではないでしょうか。
薬剤師専門の転職エージェントも存在しますし、キャリアを重ねる度に年収がアップする数少ない仕事です。


もう一つが、ドラッグストアの存在ではないでしょうか。
近年、名古屋においてはドラッグストアのオープンが増えています。
郊外型の店舗が増えることで、利用者の利便性は格段に上がっています。
深夜まで開いている店舗が大部分なので、急病や怪我をした際にも安心感があるはずです。
ドラッグストアの数が増えると言うことは、それだけ薬剤師の募集も増えることを意味します。
短時間のパート求人も多いですし、子育てをしながら二~四時間程度の勤務をするケースが目立ちます。
かけもち勤務も可能ですし、病院や調剤薬局と比べると、患者との距離が近くなるのも魅力ではないでしょうか。
製薬会社の研究職も増えていますし、日本の医療を下支えしているのが薬剤師の存在です。
難関ではありますが、目指す価値の高い資格です。

次の記事へ