必見!名古屋の薬剤師求人ならコチラ!!

トップページ > 名古屋の薬剤師の求人について > 名古屋の病院と薬剤師の求人に関して

名古屋の病院と薬剤師の求人に関して

この十年ほどで、全国の大学で薬学部の新設が相次ぎました。
また、同じように薬科大学の数も増えています。
理由は明確で、薬剤師の数が将来的に足りなくなると予想されているからです。
日本の少子高齢化は急速に進んでいて、医療系の職種は全般的に担い手が不足していると言われています。
医師や看護師が表舞台に立つ職種だとすれば、薬剤師はそれを支える貴重な裏方さんです。
不足はすなわち医療の停滞を意味しますし、早めの対策を取ることが重要ではないでしょうか。
名古屋においても求人数か右肩上がりに増えていますし、志望する若者も増えています。
薬学部に入学をすることは難しいですし、更には国家試験を突破することが必須条件になります。
困難であるからこそ、努力をする価値があるのではないでしょうか。


薬剤師の基本的な仕事は、医師の処方箋をもとに薬を処方することになります。
患者の様態は短いスパンで変わることがありますし、些細な変化を見逃さないことが重要ではないでしょうか。
抗がん剤の調合を行うこともありますし、ミスのない慎重さが求められています。
そして、近年増えているのが製薬会社の研究職求人ではないでしょうか。
名古屋市内には大手製薬会社が多いですし、たくさんの研究者が勤務しています。
目立つ仕事でありませんが、研究者の存在が日本の医療を支えていると言われています。
福利厚生も充実しているので、女性やシニアも安心して働くことが出来ます。
派遣社員や契約社員も多く働いていて、雇用形態を選択出来るのもメリットではないでしょうか。
薬のエキスパートとして、必要不可欠な役割です。


もちろん、調剤薬局やドラッグストアにおいても活躍が期待されています。
ドラッグストアには風邪や体調不良で訪れるお客さんが多いですし、細かな症状を見逃さずに、どんな薬が適しているのかを助言することが求められます。
その他の仕事も多いですし、やりがいを感じられる場所ではないでしょうか。
70代で現役として働く薬剤師は多いですし、自身で薬局を営むことも出来ます。
定年を迎えた後も再雇用の可能性がありますし、短時間で効率良く稼ぐことが出来るのではないでしょうか。
志望者の増加と共に狭き門になりつつありますが、需要は多いですし安定した収入が見込める仕事です。
数学や化学を重点的に学ぶことで、薬学部に合格出来る可能性もアップします。
チーム医療を掲げる医療機関が増えていますし、肩にかかる期待も大きくなります。

次の記事へ